メディアインタビュー

メディアインタビュー
Media Interview

  • 【「經濟一週」のインタビューに答えました】

    2018/12/17
    【「經濟一週」のインタビューに答えました】
    2018年12月4日 金融業は香港経済の4つの主要産業の1つです。この業界で才能を開花させたいと願う人は少なくありません。しかしCFPの資格を取得することは簡単ではありません。金融業で活躍するにはどのような条件が必要なのでしょうか?また大湾区プランは現地の金融関係者にどのようなチャンスをもたらすのでしょうか? 弊社CEOジン・リー氏は「經濟一週」のインタビューにて香港の現在の金融業に関する見解及び金融業を目指す人に対しての提案などを述べました。香港の金融業界について詳しく知りたい方や金融業での活躍を目指す方は是非ご一読ください。

    ▸ もっと見る

  • 【テレビ番組に出演いたしました】

    2018/12/04
    【テレビ番組に出演いたしました】
    2018年12月4日 弊社グランシンウェルスマネージメントCEO/ジン・リー、シニアセールスマネージャー/アンドリュー・ホアン、管理部長/ジェシカ・リーはTVBテレビ局の番組 「無耆不有」にて韓国人が香港での投資、保険商品を購入している原因やその需要、韓国と香港の年金保障制度の違いなどについてインタビューに答えました。

    ▸ もっと見る

  • 【TVBテレビ番組に出演】

    2018/11/20
    【TVBテレビ番組に出演】
    2018年11月20日 弊社グランシンウェルスマネジメントCEOジン・リー氏はTVBテレビ局ファイナンシャルチャンネルの番組 「無耆不有」にて、「一括年金」と「分割年金」の特徴、相違点などについて説明しました。また年金購入の目的は長寿のリスクに対抗することであり、投資家は貯蓄の一部を100歳に達するまで信頼性の高い安定した定期的収入に転換することができると指摘しました。 「一括年金」(政府の公的年金)は一括で支払い、その後定期的に定額を受けとることができる年金であり、高齢者に適しているのに対し「分割年金」は一定期間支払いを続け、満期に到達した時点から受け取ることができる年金であり、若い世代に適しています。しかし現在の「一括年金」や「分割年金」には柔軟性がなく、緊急時(例えば医療費や教育費など)にこれらの年金から途中で資金を引き出すことはできない上、満期前に解約してしまうと30%から40%の損失を被る可能性があります。 したがって投資家は年金を購入する前にライフプランや経済能力が合っているかどうかを慎重に検討する必要があります。

    ▸ もっと見る

  • 【TVBニュースのインタビューを受けました】

    2018/10/22
    【TVBニュースのインタビューを受けました】
    2018年10月22日 弊社グランシンウェルスマネジメントCEOジン・リーは、TVBニュースのインタビューを受け、「銀行の税金ローン利率上昇」に関する意見を述べました。 所得税支払いの時期に入り、銀行は税金ローンのプロモーションを打ち出しているが、ジン・リーは利率上昇に伴い、投資市場の変動が激しくなり、今年は税金ローンを投資に使う人々の割合が大幅に減ると見ています。また借入時に自分のニーズや返済能力を慎重に検討するよう、無駄に借入ないよう呼びかけました。

    ▸ もっと見る

  • 【テレビ番組出演予定】

    2018/10/19
    【テレビ番組出演予定】
    2018年10月19日 弊社CEO ジン・リー、シニアビジネスマネージャー アンドリュー・ウォン、管理部長 ジェシカ・リーはTVBテレビ局の新番組「萬壽無疆界」(仮)にて韓国人顧客の香港への投資、保険購入の需要、また香港と韓国の年金保障制度の違いなどについてインタビューに答えました。TVB財經資訊チャンネルにて11月に放送予定です。ご期待ください。  

    ▸ もっと見る

  • 【ラジオ番組出演予定】

    2018/10/11
    【ラジオ番組出演予定】
    2018年10月11日 弊社CEOジン・リーはメトロファイナンスFM局の番組「場內外聯線」において、リタイヤに向けてどのように退職金を築いていくのかインタビューに答えました。放送日時は未定となっております。乞うご期待ください!

    ▸ もっと見る

  • 【經濟日報】港股陷熊市點算好? 專家教路忌進退失據

    2018/09/11
    【經濟日報】港股陷熊市點算好? 專家教路忌進退失據
    鼎成財富管理有限公司行政總裁 – 李明正先生於經濟日報就「港股陷熊市」一事給予投資者意見。他認為若投資者預期手上持股長遠有上升空間,應隨個人的風險接受程度及金額來設定止蝕價位,只要不跌穿該水平便不需止蝕。至於短綫投資者則應趁反彈沽貨;而無貨投資者如想入市可分段吸納以分散風險。另外,高息股近日跑贏大市。雖然高息股有蝕價風險,但若投資者目的是收息,且沒有短期套現的需要則不用憂慮。 https://bit.ly/2x3KlHv

    ▸ もっと見る

  • 【經濟日報 理財退休】學馬雲退休不是夢?55歲退休有可能

    2018/09/10
    【經濟日報 理財退休】學馬雲退休不是夢?55歲退休有可能
    鼎成財富管理有限公司行政總裁 – 李明正先生於經濟日報就「馬雲退休」一事指出港人若想提早退休,關鍵是要儲蓄加上收入與支出達致平衡。他建議,若果市民熟悉投資操作,可考慮私人市場上抗通脹的年金計劃、中低風險投資工具、或逐漸把強積金的投資組合由高風險基金轉至保守型基金以分散風險,更應避免過度頻繁轉換投資組合,以免釀成損失。若市民持有物業,可考慮在退休前供完物業,隨後可放租、沽出或套現,以定息存款享有年利率3至4厘;更可考慮參加逆按揭計劃,每月恆常收取年金彌補日常支出。 https://bit.ly/2x29QrB  

    ▸ もっと見る

  • 【經濟日報 理財借貸】向銀行或財務公司借貸?

    2018/09/07
    【經濟日報 理財借貸】向銀行或財務公司借貸?
    鼎成財富管理有限公司行政總裁 – 李明正先生接受經濟日報訪問,建議市民向銀行或財務公司借貸時,需先了解財務機構背後的資金和借貸安排,因在加息環境下,貸款利率輕微的調整也會大幅影響還款額和利息。他認為現時財務公司的融資成本較銀行高,不過近日息口上調不會成為直接導致財務公司上調借貸利率的誘因,反而風險高低會更影響財務公司是否上調貸款利息的可能性,如借款人的還款能力、財務公司對經濟展望等。 https://bit.ly/2Cp1uAi

    ▸ もっと見る

  • 「HKET」に弊社CEOジン・リーのインタビュー記事

    2018/08/29
    「HKET」に弊社CEOジン・リーのインタビュー記事
    2018年8月29日 弊社CEOジン・リーは経済日報のインタビューを受け、家族間遺産相続を確立するための注意と関連費用について話しました。 遺産相続設定と遺言での遺産相続の違いは、その発効時点と資産配分の継続性です。 生前に遺産相続人を指定できる場合、または受益者が一定の条件を満たすことが条件とされている場合に遺産相続の設定が可能となります。しかし設定手数料と継続的な管理手数料は比較的高価であるため、遺産相続を設定する場合には資産を7〜8桁持っていることが望ましい。 家族間遺産相続希望者は、関連する専門家の助言を求めるべきである。  

    ▸ もっと見る